プロの技が光るフローリング補修

どんなにきれいに使っているつもりでも、知らず知らずのうちにできてしまうのが、フローリングの傷。



ちょっとした家具の移動や室内飼いペットの爪あと、物を落としてしまった痕など、よく見れば小さくても無数の傷がついていたなんてことも稀ではありません。
DIYやハンドメイドが大ブームのこの時代、ちょっとした傷ならフローリング補修専用のキットで直してしまおうという方もおられることでしょう。
しかし、そういった素材でカバーできるのは、あくまでも応急処置の範囲内。

フローリング補修のプロの技に比べれば付け焼刃に過ぎないことは、一度仕上がりの差をご覧頂ければ一目瞭然です。

@niftyニュースの人気が上昇しています。

まず、フローリング補修に必要なのは「リペア」と呼ばれる修復技術。
確かに専用キットなども発売されており、手先の器用な方ならある程度のところまで傷を目立たなくすることは不可能ではないでしょう。



しかし、場合によってはフローリングに合わせた色を選ぶことができず、かえって傷が目立ってしまったという例もあります。プロの技術は、そういった「一か八か」というような方法ではなく「確実に傷を目立たなくする」という匠の技です。


ほとんどのケースが張り替えなどをおこなうことなく「どこに傷があったのかわからない」レベルまで補修が可能ですから、まずは一度、プロの技を見てみると良いでしょう。実際、インターネットなどで検索すると、プロの手によるフローリング補修のためのリペア技術を公開している動画などを見ることができます。経費を浮かせるために自分で挑戦した結果、あとでより出費がかさんでしまうような事態を回避するためにも、フローリング補修はぜひプロの技術に頼ってください。